「乱 (ピンク傑作選)」浜野佐知 監督新東宝映画, 2007

人里離れたペンションに住む老人と若い男女三人。若い男女三人は少女を誘拐しては拉致して強姦し、老人のために乱交する。 強姦シーンはほかのピンク映画よりは抵抗の様子が描かれている気もする。 「乱」というタイトルほど狂った印象がなく、強姦や殺人が比較的あっさり描かれていて陰湿さがないが、それでも強姦シーンや性虐待シーンは、これでもかというほど盛り込まれている。 浜野ピンクではあるが、さすがにこれは男目線の作品だと思うが、最後は拉致された女性二人が逆襲して助かる。 私だったら「乱」としての展開は、拉致された二人が拉致された性虐待を楽しんで欲するようになるとか、逆に拉致した男女三人が逆に性虐待を受けるというような展開もありかなと思った。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

浜野監督は、痴漢ものもとっている。この作品は痴漢をした女性からビンタをくらって敢え無く退散した男が別の痴女の女性に焚きつけられて、その女性に復讐するというもの。 復讐は成功するが、逆手に取られて女性のセックス相手にさせられてしまう。 ラストシーンは焚きつけだ痴女と電車で痴漢ごっこで幕。痴漢ものにしては、痴漢のシーンよりベッドシーンの方が多く、痴漢シーンもワンパターンであり、触り方のアプローチも

映画の中で性犯罪がどうとらえられてきたのかを学ぶため、映画でどのように表現されているかということを知るとともに、その時代の性犯罪の受け止め方を考察しようと思って、今日はこの3本をみた。「純」と「ら」は様々なところで取り上げられている新旧の話題作、「痴漢電車~」は、女性の性を撮り続けている浜野佐知監督の作品である。 「純」では、ピンク映画でもないのに被害女性のほとんどが痴漢されて性的に反応しているよ

この映画では卑猥な言葉や性的な身体接触による様々な性的暴力が描かれている。 冒頭でまず出てくるのが、学校のシーンで男の子が女の子のお尻を後ろからわしづかみにするシーンがある。女の子はびっくりして振り返るが、すぐにボーイフレンドであることがわかると笑顔で応対する。 このシーンを見てどう感じるかということを想像すると、そこには性暴力の根源となるものが垣間見れるように思われる。このシーンをセクハラだと