top of page

たばこ代もらえず、強制性交に及ぶ。

住居侵入・強制性交等・強盗。


被告人は、結婚して2年目、妻と妻の母の家で3人で暮らしていた。遠距離だが事件の4年前にネットで知り合い趣味のゲームで意気投合して付き合い始めて2年後に結婚して一緒に住むようになった。被告人は定職がなく、生活費や交際費(上京してのデートに銀座の高級ホテルを使うなど)で250万円ほどの借金を抱えていたが、言い出せずにいたところ、裁判所から借金のことで連絡があり、妻と実母にばれて、両家の親族があつまり、被告人を糾弾した。



被告人は携帯電話の支払いも滞っていて電話も止まってしまった。被告人は、離婚され今の生活が破綻してしまうと思い、自暴自棄になって死にたいくらいに思って家出をした。しかし被告人は死にきれず、付近を徘徊した挙句に近隣のネットカフェに泊まった。翌日も朝から付近を徘徊しているうちに夜になり、10時ころ事件のあったアパートの集合ポスト前で被害者をみて、ひったくりなどしてお金を取ろうという考えが浮かんだがエントランスに入ろうとしていたため、立ち止まらせようとして声をかけた(被害者は会っていないといっている)。そのやり取りで部屋番号を聞き出して、公園で20分ほど考えたのち、部屋に行ってお金を取ろうと考え、部屋に押入った。


最初からたばこ代程度が取れればいいと思っていたが、それを言わず。「セックスして、財布をもらう」といい、被害者はどちらも拒否したが、押し問答の末、被害者はセックスに応じた。被害者の証言では犯人の力が強く、敵わないと思って下手に反抗すると余計に暴力を受けたり、命を奪われる危険があると感じて、恐怖心からなるべく穏便に犯人の要求にこたえることにした。


被告人は、セックスを要求したのは肉体関係になれば話がしやすくなるのではないかと考えたのだという。押入ったことは認めており、裁判の冒頭で強制性交等罪は争わないといっているので、このセックスは強制的なものであるとみとめているにも関わらず、そのように考えたと証言しているのが事実だとすれば、被告人の性的認識は狂気的にくるっているとしか言いようがない。


被告人尋問の間、被告人はいたって冷静で、あたかも人の裁判で参考人として意見を言っているかのようなクールな表情であり、受け答えも被害者の心情などはみじんも感じていないし、自分の事件の重ささえ感じられない様子に驚いた(私の場合も、同じようだったと思う)。 被告人の言うとおりだとすると、最初に500円渡しておけば、被害にあわなかったということになる。これを、被害者側が聞いたらどんなにさらに苦しい思いをするかは明らかだ。

閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「子どもから好かれていた」監護者わいせつ

監護者わいせつ、児童買春・ポルノ防止事件 14歳女児に対して、ホテルに宿泊し午後8時ころから翌日の朝まで、その乳首や陰部を手で触り、自身の陰部を押し付けるなどして、その様子を動画などに撮影し記録した。 被告人は、被害女子が3歳くらいのころからその母親と知り合い、5歳くらいのときから同居するようになった。小学校3年くらいのころからじゃれあう中で性的な欲求から一線を越えて体を触るようになった。犯罪で

「いかのおすしがあった」と6歳女児が被害を話せて事件に

同種前科5犯で、直近で実刑2回の被告は、今年になって出所後まもなく、日中、一人でマンションに帰宅した6歳女児のあとをつけて、オートロックの自動ドアについて入り、エレベーターのエントランスでスカートをまくり上げ、下着の中に手を差し入れ、陰部を触り、 下着を脱がせて、スマホで写真をとるなどの強制わいせつ、児童ポルノにかかわる犯罪を行った。別途、児童買春の追起訴がある模様。 被害後、女児はいつもの通り

またも、妻子(3歳女児)持ちパパがパパ活児童(14歳)を買春。同種前科多数で、執行猶予期間保護観察中に依存症クリニック自助グループにも通いながら再犯。

児童買春。 懲役1年6か月執行猶予4年の判決で、3年目の犯行。買春できないように妻が金銭管理して、スマホもチェックするということになっていたが、依存症クリニックに通って安定していたため、妻も気が緩んでしまい、金銭管理とスマホのチェックがおざなりになっていたところ、ツイッターでパパ活女子を見つけて連絡をとり、性交を2回して5万円の約束をしてホテルで行為して出たところ警察官に職質されて明るみになった。

Commentaires


bottom of page