top of page

コンビニで従業員用トイレ借りて被害にあう

強制わいせつ。

留学後いったん帰国していた外国人男性が当時アルバイトをしていたコンビニエンスストアで深夜に一人で勤務していた時に、トイレを借りに来た女性がおなかを押さえてトイレを貸してほしいと訴えてきたので、店にはトイレはなかったが、本来は貸さない従業員用のビルのトイレに案内し、トイレまでの暗がりの通路で胸をわしづかみにされる被害にあったというもの。


被告人はトイレを出て暗がりで待っていた自分に被害者が驚き腰を抜かした際に助けようと脇に手を入れて手伝ったうえ、様子を心配して「かわいいね」などと声掛けしたが故意に触ったことはないと事実を否認している。


被害者の訴えでは、トイレに入る前に左乳房をもまれたがトイレを済ませたかったので、済ませてトイレをでると、被告人が「こんなかわいいおっぱいみたことない」などといって、今度は両手で両乳房をわしづかみにされて、着ていたトレーナーをまくり上げられそうになったので、とっさに目に入った盆犯カメラのようなものをみて「防犯カメラに写りますよ」というと犯行をあきらめ、SNSのアカウントを教えてほしいなどと言い寄ってきたが、(怖かったので防衛的に)トイレのお礼を言って、外で待つ友人の車に乗った。


友人の証言では、車に乗った後「早く出し早く」と言って、起きたことを話して翌日相談後、記憶があいまいだったコンビニエンスストアを友人らと特定して通報した。


被害者は事件後、一人になると理由もなく涙が出るなど後遺症があるという。


防犯カメラ映像は犯行現場となった場所のものがないため、証拠は被害者の証言のみだ。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「子どもから好かれていた」監護者わいせつ

監護者わいせつ、児童買春・ポルノ防止事件 14歳女児に対して、ホテルに宿泊し午後8時ころから翌日の朝まで、その乳首や陰部を手で触り、自身の陰部を押し付けるなどして、その様子を動画などに撮影し記録した。 被告人は、被害女子が3歳くらいのころからその母親と知り合い、5歳くらいのときから同居するようになった。小学校3年くらいのころからじゃれあう中で性的な欲求から一線を越えて体を触るようになった。犯罪で

「いかのおすしがあった」と6歳女児が被害を話せて事件に

同種前科5犯で、直近で実刑2回の被告は、今年になって出所後まもなく、日中、一人でマンションに帰宅した6歳女児のあとをつけて、オートロックの自動ドアについて入り、エレベーターのエントランスでスカートをまくり上げ、下着の中に手を差し入れ、陰部を触り、 下着を脱がせて、スマホで写真をとるなどの強制わいせつ、児童ポルノにかかわる犯罪を行った。別途、児童買春の追起訴がある模様。 被害後、女児はいつもの通り

またも、妻子(3歳女児)持ちパパがパパ活児童(14歳)を買春。同種前科多数で、執行猶予期間保護観察中に依存症クリニック自助グループにも通いながら再犯。

児童買春。 懲役1年6か月執行猶予4年の判決で、3年目の犯行。買春できないように妻が金銭管理して、スマホもチェックするということになっていたが、依存症クリニックに通って安定していたため、妻も気が緩んでしまい、金銭管理とスマホのチェックがおざなりになっていたところ、ツイッターでパパ活女子を見つけて連絡をとり、性交を2回して5万円の約束をしてホテルで行為して出たところ警察官に職質されて明るみになった。

Commentaires


bottom of page