top of page

セックス動画が拡散されることを恐れて彼を刺殺

当時19歳女性の被告人が、同居していた当時25歳男性Aを包丁で腹を刺して殺したもの。


二人は地方の地元で知り合い、お互いの両親にも周知の仲で男性Aが東京で起業したいという夢に付き合う形で東京に部屋を借りて同棲を始めた。家賃は8万円を折半する約束となっていて、彼はそのとき東京での仕事は未定だったため彼女が押して就職先を確保した。


被告人にも語学留学したい夢があり地元では一度決まりかけたフィリピンへの留学があったがコロナの流行で中止になり、東京の方が留学先を探すのに条件が良いのではないかという期待もあった。被告人は地元ですでに3年ほどコールセンターの仕事をして留学資金をためており、東京でも地元のコールセンターの社長からの紹介でコールセンターにリーダーとして勤務した。留学も東京で話がまとまり、R4.2には留学する予定が決まっていた。


地元で交際していた時に、彼から性交時の動画撮影を強いられ、しぶしぶ了解した。彼女はその動画がネットで拡散されないかかねがね気がかりに思っていて、何回か消去を申し出たがそのたびに暴言を吐かれて対応してもらえなかった。彼女には中学生の時に中絶した経験があり、その際中絶を誰にも知られていないはずだったが、病院にたまたま来ていた学校関係者から情報が洩れて、学校に知られていたということがあり、その時彼女は大変ショックでトラウマになっていたという。動画の拡散の危惧はそのトラウマを再燃させるものであり、彼女にとっては死活問題だった。


彼女は、2月の留学前には動画を消してもらおうと迫った際、やはり恫喝されて聞き入れてくれなかった彼のことを、その後ベッドに横になっていた時にキッチンから包丁を持ち出して刺殺したもの。


被告人は終始、しっかりと座っていて微動だにせず、裁判の進行に身じろぐこともなく尋問にもしっかりと受け答えている。家庭裁判所からの逆送での裁判であるということもあるのか、何かを悟ったような彼女の落ち着きには何か心を揺さぶられるものがあり、すくなくとも犯罪者という雰囲気はみじんもない。地元での様子をしる被害者の両親の陳述書からは普段は明朗闊達で、思慮分別のあるかわいい女の子といった感じなんだろうということが伝わってきた。



なぜ、殺人という行為になってしまったのか。まったく、いまのところ理解できない。明日、精神鑑定の陳述がある。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「子どもから好かれていた」監護者わいせつ

監護者わいせつ、児童買春・ポルノ防止事件 14歳女児に対して、ホテルに宿泊し午後8時ころから翌日の朝まで、その乳首や陰部を手で触り、自身の陰部を押し付けるなどして、その様子を動画などに撮影し記録した。 被告人は、被害女子が3歳くらいのころからその母親と知り合い、5歳くらいのときから同居するようになった。小学校3年くらいのころからじゃれあう中で性的な欲求から一線を越えて体を触るようになった。犯罪で

「いかのおすしがあった」と6歳女児が被害を話せて事件に

同種前科5犯で、直近で実刑2回の被告は、今年になって出所後まもなく、日中、一人でマンションに帰宅した6歳女児のあとをつけて、オートロックの自動ドアについて入り、エレベーターのエントランスでスカートをまくり上げ、下着の中に手を差し入れ、陰部を触り、 下着を脱がせて、スマホで写真をとるなどの強制わいせつ、児童ポルノにかかわる犯罪を行った。別途、児童買春の追起訴がある模様。 被害後、女児はいつもの通り

またも、妻子(3歳女児)持ちパパがパパ活児童(14歳)を買春。同種前科多数で、執行猶予期間保護観察中に依存症クリニック自助グループにも通いながら再犯。

児童買春。 懲役1年6か月執行猶予4年の判決で、3年目の犯行。買春できないように妻が金銭管理して、スマホもチェックするということになっていたが、依存症クリニックに通って安定していたため、妻も気が緩んでしまい、金銭管理とスマホのチェックがおざなりになっていたところ、ツイッターでパパ活女子を見つけて連絡をとり、性交を2回して5万円の約束をしてホテルで行為して出たところ警察官に職質されて明るみになった。

bottom of page