top of page

ボランティアとして児童にかかわり、口腔性交。懲役6年の実刑。

強制性交等罪。

ボランティアとして被告人がかかわった際、児童が寝ている間に自身の陰茎を児童の口腔内に入れ、自らその様子を撮影した。児童は意識はあったが寝たふりをしていたという。


保釈中の、30代と思われる男性。両親と思われる人が傍聴にいる。


判決の前に、弁護人から急きょ追加の証拠請求があった。


・供託金の返還放棄(205万円)。

・就職先の内定通知。

・新たな反省文。


被害者は示談金も手紙も拒否しているため被害弁済になったとは認められなかった。

判決の部分だけの傍聴で詳細は不明。


被害弁償を試みたり、仕事の内定を取りつけたり、罰を軽減しようという魂胆がみてとれる。示談金も手紙も受け取らないという被害者家族の気持ちをまったく理解しようともしていないように思えるあがき方に実刑は当然ともいえるが、果たして、6年の実刑の中で彼はどのように変わっていけるのだろうか。


私は、中学校1年で部活の顧問の先生から肛門性交や手淫を半年程度にわたり毎週のようにされていたが、事件にしていたら6年では済まなかったんだろうなと思う。私以外にもたくさんの被害児童がいたはずだが、最後まで明るみになることはなく子供のために献身的に尽くしたすばらしい先生という評価のまま亡くなった。


しかしながら、今もあれが被害だったという認識が実感できないでいる。明らかに尊厳を踏みにじられているのに、尊厳を踏みにじられていることがわかっていないのだ。


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

強制性交等未遂。 被告人は身長185cmで体重もありそうな体格。若い外国人留学生で、童顔であり、供述内容を聞いていても精神的に未熟なところが垣間見れる。 LINEで知り合い、被害者が自宅に招くなど付き合いがあったが、寝ている間にわいせつなことをされたため、別れ話をしてLINEをブロックしていた。 被告人は、別のアカウントを使って被害者に接見を強要。その際、寝ている間にわいせつな行為をしたときに撮影

児童買春、児童ポルノに係る行為等。 インスタグラムで自称16歳の女子が1万5千円で性交させてくれる旨のメッセージをみつけ、ホテルに誘って犯行を行ったもの。 被告人は、2年前にも同じことで捕まって、50万円の罰金処分となっている。 今後は、妻が行動を日々管理するため毎日の外出行動を外出簿につけ、GPSアプリで居場所を把握。定期的にスマホのSNSのやり取りをチェックする。といったことで、管理監督する。

迷惑防止条例違反。 性的がらみで前科2犯、1年前に刑務所を仮釈放されたばかり。 出所後、半年ほどで事件を起こした。事件対象となった盗撮は3日間にわたって行われた、駅構内のエスカレータなどでの犯行。いずれも、スカートの中にスマホを差し入れて、撮影したもので、被害者が特定できていないが起訴されたもの。 被告人は仮出所後、仕事についていたが仕事の外回りの際にその移動の中でたびたび犯行に及んでいた模様。

bottom of page