top of page

不倫相手をストーキング

ストーカー防止法違反。

夫のある女性が行きつけの美容室の美容師と不倫関係になり、その後関係が悪くなり、ストーカー行為を行ったため、ストーカー防止法によって警察から口頭で警告が出されていたが、執拗に面会を強要するメール・殺すという強迫メールを送り付け、お別れのセックスをして別れるつもりでホテルで関係を持つが未練が残り、自宅に行ったところで通報され逮捕された。


夫とは不倫関係が始まってからのちに、不倫のことではなく元々の精神病の症状が悪化して口論が絶えなくなり、離婚も視野に入れてホテルに別居していたところの事件であった。


夫は妻が逮捕されてから、献身的に面会などに赴き、示談についても奔走した。ただし、夫本人にとっては自身も被害者からの不倫行為ということで被害者であるという意識があり、民事上で解決する問題もあり、それらを相殺した金額で折り合いはついている。


今後については、妻は逮捕拘留中に当初の自己中心的な言葉から、反省の言葉を述べるように変わってきていて、離婚せず社会復帰に向けて夫としてサポートしていきたいとのこと。


裁判では、判決については被害弁償をしているか、している場合は自分のお金でしているか、再犯を予防するための必要な要件を整えているかということが調べられるが、再犯のために裁判所が重視するのは監督者がいるかどうかということが重要視され、その監督者が再犯しないようにどれだけ監視し、指導できるかが問われる。一方で、被告人がなぜそのようなことをするのかといった原因については、精神疾患と思われる場合はクリニックにいくかどうかということにしか関心がなく、精神疾患が人間関係の中にあるとは考えない。まるで、子供が悪いことをしないように保護者が目を見張るようにといっていることとレベルは同じであり、子供でさえそうした監視はかえって逆効果に終わることが容易に想像されるが、ましてや成人の場合は子どものように監視されるような人間関係の中で正常に意識を保てるはずがないと考える。


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

監護者わいせつ、児童買春・ポルノ防止事件 14歳女児に対して、ホテルに宿泊し午後8時ころから翌日の朝まで、その乳首や陰部を手で触り、自身の陰部を押し付けるなどして、その様子を動画などに撮影し記録した。 被告人は、被害女子が3歳くらいのころからその母親と知り合い、5歳くらいのときから同居するようになった。小学校3年くらいのころからじゃれあう中で性的な欲求から一線を越えて体を触るようになった。犯罪で

同種前科5犯で、直近で実刑2回の被告は、今年になって出所後まもなく、日中、一人でマンションに帰宅した6歳女児のあとをつけて、オートロックの自動ドアについて入り、エレベーターのエントランスでスカートをまくり上げ、下着の中に手を差し入れ、陰部を触り、 下着を脱がせて、スマホで写真をとるなどの強制わいせつ、児童ポルノにかかわる犯罪を行った。別途、児童買春の追起訴がある模様。 被害後、女児はいつもの通り

児童買春。 懲役1年6か月執行猶予4年の判決で、3年目の犯行。買春できないように妻が金銭管理して、スマホもチェックするということになっていたが、依存症クリニックに通って安定していたため、妻も気が緩んでしまい、金銭管理とスマホのチェックがおざなりになっていたところ、ツイッターでパパ活女子を見つけて連絡をとり、性交を2回して5万円の約束をしてホテルで行為して出たところ警察官に職質されて明るみになった。

bottom of page