top of page

仕事まじめな熟練職人「少女のお尻」触りたい欲求

迷惑防止条例違反(いわゆる痴漢行為)の案件 被告人は白髪交じりの建設系の熟練工。被害者は12歳(中学生か)。通勤通学時間に仕事の現場に車で到着し、安い駐車場を探していたところ、横断歩道を渡った際に当該被害者たちが数人ですれ違い、おとなしそうに見えた被害者のお尻をすれ違いざま、降った手が当たった用の装って後ろから触った。被害者は、そのまま遠ざかろうとする被告人を「てめぇ、このやろうやったのわかってんだ。にげんじゃねぇ」と叫びながら追いかけて捕まえようとするが、振り切って逃げようとする被告人を現場に居合わせた通行人が取り押さえた。 前科に同様の罰金刑あり。4年前20万円、昨年50万円の罰金。 今回捕まるまでにも、何回か同様の犯行の余罪がある模様。被告人陳述では、制服を着た若い子を見ると、「からかいたい」「いたずらしたい」という感情が沸き上がってきて、自制が聞かなくなるとの話。 仕事は建設関係の熟練職人として30年の実績がある。情状証人には仕事を発注している会社の役員が「まじめで、仕事も一筋で大変信頼をしている。今回の事件で過去のことも初めて知って驚いている。今後は、日々、再犯の無いように助言し、仕事も再犯の暇がないようにさせたい。」と証言。保釈に関しても承認がお金を出して、現在も仕事は続けている。 被告人尋問では、事件当日の行動について「最初から物色していたのでは」など聞かれても、即答せず無言のことが多い。再犯防止についても、その場の思い付きのように「若い子のいそうなところに近づかない」「(触らないように)腕を組んで歩く」といった発言をする。検察官からは、罰金刑の時にも同じように再犯防止を考えなかったのかと突っ込まれるが返事ができない。 この被告人は、自分が自分でコントロールできないということを理解していないし、周りも監視してできなくすれば大丈夫だと考えているが、この方は自分の心に取り組むことをしない限り再犯のリスクは非常に高いと思われる。 求刑は懲役6か月なので、おそらく執行猶予が付くだろう。この方には監視ではなく支援が必要だ。ぜひ、つながってほしい。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

監護者わいせつ、児童買春・ポルノ防止事件 14歳女児に対して、ホテルに宿泊し午後8時ころから翌日の朝まで、その乳首や陰部を手で触り、自身の陰部を押し付けるなどして、その様子を動画などに撮影し記録した。 被告人は、被害女子が3歳くらいのころからその母親と知り合い、5歳くらいのときから同居するようになった。小学校3年くらいのころからじゃれあう中で性的な欲求から一線を越えて体を触るようになった。犯罪で

同種前科5犯で、直近で実刑2回の被告は、今年になって出所後まもなく、日中、一人でマンションに帰宅した6歳女児のあとをつけて、オートロックの自動ドアについて入り、エレベーターのエントランスでスカートをまくり上げ、下着の中に手を差し入れ、陰部を触り、 下着を脱がせて、スマホで写真をとるなどの強制わいせつ、児童ポルノにかかわる犯罪を行った。別途、児童買春の追起訴がある模様。 被害後、女児はいつもの通り

児童買春。 懲役1年6か月執行猶予4年の判決で、3年目の犯行。買春できないように妻が金銭管理して、スマホもチェックするということになっていたが、依存症クリニックに通って安定していたため、妻も気が緩んでしまい、金銭管理とスマホのチェックがおざなりになっていたところ、ツイッターでパパ活女子を見つけて連絡をとり、性交を2回して5万円の約束をしてホテルで行為して出たところ警察官に職質されて明るみになった。

bottom of page