top of page

元警部補の万引き累犯

9か月前に出所して、建設会社で働いていた。買い物に出かけたつもりが、気づいたらメガネを万引きしていたという。被告人は、警察官として25年間働いて警部補まで昇格したが、パニック障害となりメガネを万引きしたことをきっかけに自主退職し入院し、その後離婚などして、精神状態は悪化、強かん致傷や窃盗など複数犯罪により懲役12年。その間、刑務所では精神状態は安定しており、緩解したと思って出所後は医療にはつながらなかった。受刑中に法務省の協力雇用主として受け入れをしていた建設会社に内定していたため、そこで働いていた。


証人喚問で建設会社社長は、仕事はまじめでよく働き、日常生活もきちんとしていて乱れた様子が見られず、仕事仲間にも信頼されていた。ただ、見栄っ張りなところがあり、困ったことを人に相談したり、頼ったりといったことができない不器用な一面もあったという。受刑後はもう一度戻ってきてほしいと話す。


証人の誠実で厳しくも温かい態度に、通常は厳しいはずの検事の尋問も前向きな質問で、裁判官も「愛を持って受け入れてくれている」と、裁判には珍しく法廷全体が温かい雰囲気に包まれた。


被告人は、犯行時の盗ったこと、その場で言い訳をしたことなどは記憶がないという。被告人は刑務所の中では記憶がなくなるようなことはなく病気は治ったものと考えていたという。彼にとって、社会で生きることは頑張らなくてもつらく厳しいものなのだろうと思う。社長は次回はそうした被告人の事情をよく考えて対処していきたいと話していた。


犯罪はよくないことです。辛くても苦しくても犯罪の言い訳にはなりません。しかし、一方で社会が犯罪の土壌を構成しているということも、また確かだと思います。彼の更生は社会とともにあると思います。


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

強制性交等未遂。 被告人は身長185cmで体重もありそうな体格。若い外国人留学生で、童顔であり、供述内容を聞いていても精神的に未熟なところが垣間見れる。 LINEで知り合い、被害者が自宅に招くなど付き合いがあったが、寝ている間にわいせつなことをされたため、別れ話をしてLINEをブロックしていた。 被告人は、別のアカウントを使って被害者に接見を強要。その際、寝ている間にわいせつな行為をしたときに撮影

児童買春、児童ポルノに係る行為等。 インスタグラムで自称16歳の女子が1万5千円で性交させてくれる旨のメッセージをみつけ、ホテルに誘って犯行を行ったもの。 被告人は、2年前にも同じことで捕まって、50万円の罰金処分となっている。 今後は、妻が行動を日々管理するため毎日の外出行動を外出簿につけ、GPSアプリで居場所を把握。定期的にスマホのSNSのやり取りをチェックする。といったことで、管理監督する。

迷惑防止条例違反。 性的がらみで前科2犯、1年前に刑務所を仮釈放されたばかり。 出所後、半年ほどで事件を起こした。事件対象となった盗撮は3日間にわたって行われた、駅構内のエスカレータなどでの犯行。いずれも、スカートの中にスマホを差し入れて、撮影したもので、被害者が特定できていないが起訴されたもの。 被告人は仮出所後、仕事についていたが仕事の外回りの際にその移動の中でたびたび犯行に及んでいた模様。

bottom of page