top of page

初めての性暴力


何がきっかけだったのか、今となっては思い出すことができないが女性の体に興味がわいてきたころ(小学校5年生くらい)であったと思う。


明るさがあったように思うので、朝方だったのかもしれない、私に背を向けて横になって寝ているパジャマ姿の妹のお尻が気になり、しばらく見ているうちに直接見てみたい衝動に駆られていた。 私は手を伸ばして、パジャマのズボンに手をかけて下げてみた。妹の尻が露出されていく、その尻はほんのり蒙古斑の青さを残していて、興ざめしてしまいしばらく眺めてやめたという記憶がある。どのようなものを期待していたのかは思い出せないがそれ以上のことはなかった。


こっそりとしている意識はあったが薄く、悪いことをしようとしているという意識よりは、興味で満たされていて、それ以外の認識(妹が気が付いたらとか、気が付いたらどう感じるか、親などに見つかるかなどということ)に考えは及ばなかった。


閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

生後6か月の赤ちゃんは、人の顔も動物の顔も個体の区別が認識できるが、9か月以降の赤ちゃんは人以外の動物の顔の個体認識ができなくなるという。また、言語についても学習した言語以外の音の区別ができなくなるという。 これらは、自分が育つ環境で生きていくために認識が特化され能力が失われるのだという考え方があるそうである。 しかしながら、大人になっても、例えば動物園の飼育員が動物の個体を認識できるように学習

いのちのギャラリー主催の「死刑と司法を考えるープリズンアカデミーカフェ」シリーズの第6回「プリズンヨガの可能性」でプリズンヨガサポートセンターの講演に参加してきました。松浦代表が理論を講演いただき、井上副代表が実践の内容を講演していただいた。 団体は2019年設立とまだ新しい団体。かねてから受刑者の相談にのっていた松浦さんがイギリスでヨガ・瞑想が犯罪からの更生に与える影響について研究し、犯罪学の修

セックスについてのミーティングに参加させていただきました。 改めて、セックスがいかにあいまいに扱われていて、そんな中でセックスはこうであるべきといった刷り込みに振り回されているんだなという思いを持ちました。 セックスはあまりにも隠されてきたのではないでしょうか。そんななかで、セックスに関して公的に学ぶ機会はもっぱら避妊や感染予防に関してであって、本来のセックスが持っているポテンシャルを矮小化して取

bottom of page