top of page

判決懲役8年。たばこ代もらおうと押し入り、強制性交する。償うとはどうすることか。

住居侵入、強制性交等、強盗。

被告人は住居侵入と強制性交については認めており、強盗か恐喝かが争われた裁判。


判決の要旨


夜遅くに訪問し、被害者が明けたドアから押入って、突然抱きついて室内のドアに押し付けるということにより、被害者は力の差に抵抗をあきらめ、下手に刺激すると何をされるかわからないという恐怖をいだいたことは、十分に被害者の反抗をから一定の抵抗を示しながらも被害者の指示に従ったのは、「反抗を抑圧するに足りる程度」の暴行・脅迫があったと認められ、強盗が成立する。


被告人は初犯であり、受け取られてはいないが200万円の示談金の用意や、妻や義母の社会復帰後の支援が約束されていることを考慮したうえで、


懲役8年を言い渡した(すでに拘留されている日数200日が算入される)。


【当然の判決だが刑期をどのように過ごすかが課題】

被告人は、拘留中に20~30通の謝罪文を書いたが、被害者に一切受け取ってもらえていないという。本当に反省しているなら、刑務所に行っても被害者がどのような被害を被ったのかを考え、学び続けてほしいと思う。また、その上で自身がどうしてこうした性犯罪を起こしてしまったのかということについて、向き合っていくことが必要だ。裁判中に被告人が述べた、「罪を償って、また幸せな生活に戻りたい」という言葉には、被害者への思いは見られない。被害者の苦しみには期限がないのだから。刑を完遂することが償いではないことを知らなければならない。

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

強制性交等未遂。 被告人は身長185cmで体重もありそうな体格。若い外国人留学生で、童顔であり、供述内容を聞いていても精神的に未熟なところが垣間見れる。 LINEで知り合い、被害者が自宅に招くなど付き合いがあったが、寝ている間にわいせつなことをされたため、別れ話をしてLINEをブロックしていた。 被告人は、別のアカウントを使って被害者に接見を強要。その際、寝ている間にわいせつな行為をしたときに撮影

児童買春、児童ポルノに係る行為等。 インスタグラムで自称16歳の女子が1万5千円で性交させてくれる旨のメッセージをみつけ、ホテルに誘って犯行を行ったもの。 被告人は、2年前にも同じことで捕まって、50万円の罰金処分となっている。 今後は、妻が行動を日々管理するため毎日の外出行動を外出簿につけ、GPSアプリで居場所を把握。定期的にスマホのSNSのやり取りをチェックする。といったことで、管理監督する。

迷惑防止条例違反。 性的がらみで前科2犯、1年前に刑務所を仮釈放されたばかり。 出所後、半年ほどで事件を起こした。事件対象となった盗撮は3日間にわたって行われた、駅構内のエスカレータなどでの犯行。いずれも、スカートの中にスマホを差し入れて、撮影したもので、被害者が特定できていないが起訴されたもの。 被告人は仮出所後、仕事についていたが仕事の外回りの際にその移動の中でたびたび犯行に及んでいた模様。

bottom of page