top of page

前科8犯の痴漢、意志の力では不可能

5年以上前に1年数か月の懲役刑のあと再犯した案件。被告は74歳の男性、被害者は19歳の女性。前刑において、性犯罪防止プログラムを受講し、被害者への影響や、リスク回避のプログラム習得のための知識や実践は持っていたが、本件では、さして混んでいない電車において女性の臀部を手で触ったものである。触っていた様子が証人のスマホによって離れたところから撮影されていて証拠として法廷でも再生確認された。 被告人陳述では、今回が出所してから初めの犯行だということであったが、その動機は好みの女性を見つけて、触りたい衝動にその時ほぼ無意識に触ってしまい、触りながらもやめなければならないと悩みながらも犯行を続けてしまったという。再犯までの5年間をどのようにして再犯防止の具体的な実施方法は語られなかった。 求刑は懲役6か月。前刑から5年以上がたっているため累犯ではなく初犯扱いとなっている模様。法律上は5年という機関が常習性を判断する材料のようだが、このことは性犯罪にかかわらず、依存症の性質をまったく認識されていないもとと思われる。 裁判官は、被告人に対して「病気ということに逃げるな」ということを述べていたが、これは本人の意志によって再犯を防止できるという考え方に基づいていて、問題の本質を見誤っていると思う。むしろ「病気」であるからこそ、本人の意志ではどうにもならず、根本的な再犯防止のための依存症回復のための方策が必要だと思う。

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「子どもから好かれていた」監護者わいせつ

監護者わいせつ、児童買春・ポルノ防止事件 14歳女児に対して、ホテルに宿泊し午後8時ころから翌日の朝まで、その乳首や陰部を手で触り、自身の陰部を押し付けるなどして、その様子を動画などに撮影し記録した。 被告人は、被害女子が3歳くらいのころからその母親と知り合い、5歳くらいのときから同居するようになった。小学校3年くらいのころからじゃれあう中で性的な欲求から一線を越えて体を触るようになった。犯罪で

「いかのおすしがあった」と6歳女児が被害を話せて事件に

同種前科5犯で、直近で実刑2回の被告は、今年になって出所後まもなく、日中、一人でマンションに帰宅した6歳女児のあとをつけて、オートロックの自動ドアについて入り、エレベーターのエントランスでスカートをまくり上げ、下着の中に手を差し入れ、陰部を触り、 下着を脱がせて、スマホで写真をとるなどの強制わいせつ、児童ポルノにかかわる犯罪を行った。別途、児童買春の追起訴がある模様。 被害後、女児はいつもの通り

またも、妻子(3歳女児)持ちパパがパパ活児童(14歳)を買春。同種前科多数で、執行猶予期間保護観察中に依存症クリニック自助グループにも通いながら再犯。

児童買春。 懲役1年6か月執行猶予4年の判決で、3年目の犯行。買春できないように妻が金銭管理して、スマホもチェックするということになっていたが、依存症クリニックに通って安定していたため、妻も気が緩んでしまい、金銭管理とスマホのチェックがおざなりになっていたところ、ツイッターでパパ活女子を見つけて連絡をとり、性交を2回して5万円の約束をしてホテルで行為して出たところ警察官に職質されて明るみになった。

Comments


bottom of page