前科8犯の痴漢、意志の力では不可能

5年以上前に1年数か月の懲役刑のあと再犯した案件。被告は74歳の男性、被害者は19歳の女性。前刑において、性犯罪防止プログラムを受講し、被害者への影響や、リスク回避のプログラム習得のための知識や実践は持っていたが、本件では、さして混んでいない電車において女性の臀部を手で触ったものである。触っていた様子が証人のスマホによって離れたところから撮影されていて証拠として法廷でも再生確認された。 被告人陳述では、今回が出所してから初めの犯行だということであったが、その動機は好みの女性を見つけて、触りたい衝動にその時ほぼ無意識に触ってしまい、触りながらもやめなければならないと悩みながらも犯行を続けてしまったという。再犯までの5年間をどのようにして再犯防止の具体的な実施方法は語られなかった。 求刑は懲役6か月。前刑から5年以上がたっているため累犯ではなく初犯扱いとなっている模様。法律上は5年という機関が常習性を判断する材料のようだが、このことは性犯罪にかかわらず、依存症の性質をまったく認識されていないもとと思われる。 裁判官は、被告人に対して「病気ということに逃げるな」ということを述べていたが、これは本人の意志によって再犯を防止できるという考え方に基づいていて、問題の本質を見誤っていると思う。むしろ「病気」であるからこそ、本人の意志ではどうにもならず、根本的な再犯防止のための依存症回復のための方策が必要だと思う。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

せんも迷惑防止条例違反。朝の満員電車、被告は被害者の太ももの付け根あたりに手が当たり、そのまま触れていたところ被害者に手を払われ、一旦は距離を置いたが、乗客の乗り降りの際再び被害女性の太ももあたりに触れ、被害女性に手をつかまれて警察に突き出された。 被告は同種の犯罪で数年前に罰金30万円を課せられている。被告人は裁判官から、一度手を払われたのにもう一度触ったら訴えられるかもしれないとは考えなかっ

迷惑防止条例違反の公判があった。審理段階からの傍聴のため裁判の全容はわからなかったが、罰金30万円の求刑だったため、おそらく、初犯で罰金刑を言い渡され、不服申し立てで地裁の公判となったものと思われる。 検察官の論告、弁護人の意見のあと、被告人の意見陳述がったが予定の15分を大幅に超える陳述で検察官の論告に異議を申し立てていた。被告人はこの事件で拘束されている間に会社を首になったという。 事件の

貧困者救済の施設に世話になりながら、その管理者からの処遇にカッとしてプチナイフで頸部を刺し、死亡に至らせたもの。 情状証人として証言台に立った70を過ぎた老母がパートの数万円と年金の数万円の生活を切り詰め250万円の慰謝料を被害者家族に支払っている。 まだまだ少ないが今後も払って償っていきたいとのべていたが、被告人ンは懲役12年が予想されているとのこと。 懲役の間、被告人には慰謝料を稼いで返