top of page

合鍵つくって被害者宅に忍び込みカメラを設置。下着も盗む。犯行は彼女に配慮したためと理不尽な弁明

住居侵入、窃盗、迷惑防止条例違反。

【上司と部下にあたる関係】

被告人は、2年前から配属された被害者(当時24歳)の先輩にあたり教育指導を担当していた。コロナ禍にあって、担当する新人社員が被害者だけだったこともあり、被告人と被害者はお互いよく話をし、被告人は親密さを感じていた。

 被害者はコミュニケーションが苦手な方であったが、仕事は人一倍積極的に取り組み、被告人のことも信頼していた。事件後、被害者はオートロック付きの住宅に引っ越すなど負担を強いられ、楽しんで取り組んでいた仕事も夢も奪われてしまった。


【休みはゆっくり休ませてあげたかった】

被害者は一定の教育期間を経たので、異動することになり、被告人は離れたくないという気持ちから、もっと被害者を知りたいと考えるようになり、被害者の合鍵を作製して犯行に至った。

その動機について、検察官からの質問でもっと知りたくなったらふつうは食事などに誘うなどするのではないかと質問があり、これに対して「休みはプライベートな時間を大事にしてあげたいと思ったので言えなかった」と述べた。被害者に配慮しながら犯行に及ぶというまったく理不尽な行動に見える。


【別の被害者の事件の直後だった】

被告人は、今回の事件の2か月前にも全く同様の手口で反抗をして捕まっており、その際は示談により、起訴猶予となっていた。また、10年前にも迷惑防止条例違反で捕まっている。


【根拠のない「二度としません」】

事件の原因は仕事のストレスだというが、今後、同じストレスを抱えた場合にどのように対処するのかという検察官の質問には、結局「わかりません。すみません。」と答えるにとどまり、反省の弁を述べるも、その内容に具体的な対策は一切ない。


【裁判は終わった】

再犯をさせないために何をしなければならないのかということを具体的な検討なく裁判は終結した。裁判は犯罪の有無とその量刑を裁くことしかできない。昨今の裁判例では性犯罪に関して、その再犯対策についての追及はなされるようになってきてはいると感じるが、大きな事件でない限り、その追及に時間を割かれることはない。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「子どもから好かれていた」監護者わいせつ

監護者わいせつ、児童買春・ポルノ防止事件 14歳女児に対して、ホテルに宿泊し午後8時ころから翌日の朝まで、その乳首や陰部を手で触り、自身の陰部を押し付けるなどして、その様子を動画などに撮影し記録した。 被告人は、被害女子が3歳くらいのころからその母親と知り合い、5歳くらいのときから同居するようになった。小学校3年くらいのころからじゃれあう中で性的な欲求から一線を越えて体を触るようになった。犯罪で

「いかのおすしがあった」と6歳女児が被害を話せて事件に

同種前科5犯で、直近で実刑2回の被告は、今年になって出所後まもなく、日中、一人でマンションに帰宅した6歳女児のあとをつけて、オートロックの自動ドアについて入り、エレベーターのエントランスでスカートをまくり上げ、下着の中に手を差し入れ、陰部を触り、 下着を脱がせて、スマホで写真をとるなどの強制わいせつ、児童ポルノにかかわる犯罪を行った。別途、児童買春の追起訴がある模様。 被害後、女児はいつもの通り

またも、妻子(3歳女児)持ちパパがパパ活児童(14歳)を買春。同種前科多数で、執行猶予期間保護観察中に依存症クリニック自助グループにも通いながら再犯。

児童買春。 懲役1年6か月執行猶予4年の判決で、3年目の犯行。買春できないように妻が金銭管理して、スマホもチェックするということになっていたが、依存症クリニックに通って安定していたため、妻も気が緩んでしまい、金銭管理とスマホのチェックがおざなりになっていたところ、ツイッターでパパ活女子を見つけて連絡をとり、性交を2回して5万円の約束をしてホテルで行為して出たところ警察官に職質されて明るみになった。

bottom of page