top of page

妻の不倫を疑い、自暴自棄になって見知らぬ女性を襲う

強制わいせつ。

33歳、会社員。会社の飲み会で相当量の飲酒後、自宅近くの公園で妻が妻の会社の社長といるところを目撃し、以前から疑っていたこともあり、自暴自棄になって、近くを通りすがった見知らぬ女性を追いかけて、被害者のアパートの敷地内まで追いこんで胸をもみ、被害者が腰を抜かしたところで、さらに着衣の上から陰部に指を膣に押し入れるように触った。


本人は事件の行為中の記憶はほとんどなかったが、警察での再現で自身がやったことを認めた。前科前歴はなし。


妻が情状証人として出廷し、不倫の誤解でストレスをかけたことが一因であったが、その後誤解であることが理解され、事件については、ストレスを避ける。断酒をする。夜は一人で歩かない。家族の時間を増やす。といった環境を整えて、再犯防止に取り組む意向を示した。


裁判では、ストレスはきっかけに過ぎず、なぜ性的暴行に及んだのかという根本原因を突き詰める必要があるという問題提起がなされた。被告人もその妻も、そのことにはいままでまったく関心がないようだった。被告人は性欲が原因ではないという。


事件は1年以上前の出来事で、被告人の妻は現在第一子を妊娠している。


被害者は示談には一切応じておらず、法律で可能な最大限の処罰を望んでいる。


<考察>

妻の不倫と思った公園での目撃がなぜ、その場にいた全く別の女性への暴力として表れてしまったのか。被告人はその時の気持ちは妻に対しての怒りはなく、相手に対する怒りはあったと述べているが、であれば、その相手に対して行動を起こすものと通常考えられる。また、当然ながら性欲ではないと資すると、抗議の行動としてなぜ性暴力を行使したのかという問題と大きく分けて2つの不明な点がある。


妻は証言で「夫は私の言うことは聞いてくれる」と自信たっぷりに話していた。夫婦仲は不倫の誤解も解消し、妊娠もして関係は現在良好とされ、今後、夫と隠し事をしないようにして、監督するといっているが、本当の信頼関係があるようには思えない。


また、性暴力を選んでしまう背景には、被告人の女性に対する誤った偏見に基づいた認識があるのではないかと考える。被告人はこの事件で被害者がどんな被害を受け、それは、女性に対して自分の認識がどのようなものであるからなのかを見直す必要がある。

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

強制性交等未遂。 被告人は身長185cmで体重もありそうな体格。若い外国人留学生で、童顔であり、供述内容を聞いていても精神的に未熟なところが垣間見れる。 LINEで知り合い、被害者が自宅に招くなど付き合いがあったが、寝ている間にわいせつなことをされたため、別れ話をしてLINEをブロックしていた。 被告人は、別のアカウントを使って被害者に接見を強要。その際、寝ている間にわいせつな行為をしたときに撮影

児童買春、児童ポルノに係る行為等。 インスタグラムで自称16歳の女子が1万5千円で性交させてくれる旨のメッセージをみつけ、ホテルに誘って犯行を行ったもの。 被告人は、2年前にも同じことで捕まって、50万円の罰金処分となっている。 今後は、妻が行動を日々管理するため毎日の外出行動を外出簿につけ、GPSアプリで居場所を把握。定期的にスマホのSNSのやり取りをチェックする。といったことで、管理監督する。

迷惑防止条例違反。 性的がらみで前科2犯、1年前に刑務所を仮釈放されたばかり。 出所後、半年ほどで事件を起こした。事件対象となった盗撮は3日間にわたって行われた、駅構内のエスカレータなどでの犯行。いずれも、スカートの中にスマホを差し入れて、撮影したもので、被害者が特定できていないが起訴されたもの。 被告人は仮出所後、仕事についていたが仕事の外回りの際にその移動の中でたびたび犯行に及んでいた模様。

bottom of page