top of page

強制わいせつのスイッチとは?

強制わいせつ、窃盗事件。裁判員裁判。


被害者には被告人側から被害弁償金として500万円が支払われているが、被害者は赦してはいない。このためか、被告人にも性被害弁護でメディアにもよくでている弁護人がついている。裁判を途中からの傍聴だったので被告人の犯歴前科などの情報は不明。


深夜、路上で腰かけて電話をしていた当時19歳の女子学生に「ホテルに行かないか」と声をかけたところ、最初は返事がなかったのでもう一度、おしりを触りながら問いかけたところ、「やめてください」と拒否されたため、『スイッチ』が入って、女性を近くの路地まで足首をもって引きずって、衣服の中に手を入れて胸や陰部をさわる犯行に及び、被害者がお金ならあるからとおびえて8千円を出したところ、そのお現金を持って逃走したとのこと。


『スイッチ』に関して、被告人の話から類推すると、「支配欲」があり、カッとなるとそれを満足するために記憶が飛んで行動することがあり、当時はそのスイッチが入ったということのよう。そのスイッチは、仕事のストレスが極限になると入りやすくなるとも。被告人は仕事でストレスを抱えていたというが、そのストレスの一番のもとは、被告人の仕事先での自分より若い人が反抗的で支配できていないことを上げていた。これは推測だが、被告人自身が支配され、抑圧されて生きてきたので、人は尊重するものではなく支配するものという思いがあるのではないかと思う。その反動で人を支配したいという欲求が常にあり、『スイッチ』が入るのではないか。


被告人は当時、仕事から深夜ロードバイクで自宅に帰る途中であり、コンビニで飲酒もしていた。犯行現場では犯行前に周辺を不自然に移動している。被告人には結婚して妻も子供もいる。被告人質問では、検事の質問に抗弁したり、時折侮蔑のような笑いが漏れる。休廷中も廊下で「あの弁護士は話が旨い」などと証人の母親と話して高笑いするなど、およそ反省の色がない。『スイッチ』が入ることについてもストレスさえ避ければよいという安易な弁解をしており、今の状態ではどのような刑罰を与えても再犯の可能性は免れないように思う。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

強制性交等未遂。 被告人は身長185cmで体重もありそうな体格。若い外国人留学生で、童顔であり、供述内容を聞いていても精神的に未熟なところが垣間見れる。 LINEで知り合い、被害者が自宅に招くなど付き合いがあったが、寝ている間にわいせつなことをされたため、別れ話をしてLINEをブロックしていた。 被告人は、別のアカウントを使って被害者に接見を強要。その際、寝ている間にわいせつな行為をしたときに撮影

児童買春、児童ポルノに係る行為等。 インスタグラムで自称16歳の女子が1万5千円で性交させてくれる旨のメッセージをみつけ、ホテルに誘って犯行を行ったもの。 被告人は、2年前にも同じことで捕まって、50万円の罰金処分となっている。 今後は、妻が行動を日々管理するため毎日の外出行動を外出簿につけ、GPSアプリで居場所を把握。定期的にスマホのSNSのやり取りをチェックする。といったことで、管理監督する。

迷惑防止条例違反。 性的がらみで前科2犯、1年前に刑務所を仮釈放されたばかり。 出所後、半年ほどで事件を起こした。事件対象となった盗撮は3日間にわたって行われた、駅構内のエスカレータなどでの犯行。いずれも、スカートの中にスマホを差し入れて、撮影したもので、被害者が特定できていないが起訴されたもの。 被告人は仮出所後、仕事についていたが仕事の外回りの際にその移動の中でたびたび犯行に及んでいた模様。

bottom of page