top of page

強制性交等罪。計約4時間の被害者証人尋問

住居侵入・強制性交等・強盗。

裁判員裁判のため連日開廷されている。

本日は被害者の証人尋問。被害者のプライバシー保護のためパーティションなどで遮蔽の措置が取られることがあるが今回は「ビデオリンク」方式で、証人のいる別室と法廷をビデオでつないで、被告人と傍聴人にはモニタが見えないようにすることで遮蔽が行われた。法廷にはリモートカメラが中央に置かれていて検察官・弁護士・裁判官それぞれの質問の様子をカメラが動いて映すようになっている。


10時に開廷し、16時過ぎに閉廷するまで休憩時間を挟んで賞味4時間という長時間の証人尋問であったが、中盤で被害者証人が感極まって言葉に詰まるような場面もありながらも、最後まではきはきと答えていたが、事件後、さんざん知人や肉親に相談して、被害者支援センターに相談後、警察に通報し調書をとられ、送検されて検察官からも調書をとられ、その上、本日の長時間の聴取と事件について同じ質問に対して何度も話さなければならない法制度はなんとかならないものか、しかもこの裁判は事件発生から1年になろうとしている。


事件後、家にはいることができずに10日くらいホテル暮らしをして、転居したり、会社も1週間休み、復帰後も暗くなってから帰るのが怖いため、明るいうちに帰るように調整して働くなどし、カウンセリングやクリニックにも通っているという。


いまだに、犯人が部屋に押し入った際に使った黒いリュックと同じ色のリュックを持った男性が電車などで目の前にいるだけで、フラッシュバックを起こしてしまったり、エレベーターなど密室に男性と入ることが怖くて利用できないなどといった不都合が出ているという。


こうした状況にもかかわらず、法廷でこれだけの長時間、事件のことを事細かに検察官、弁護人、裁判官から同じ場面についてそれぞれの立場から、ことこまかに何度も聞き返され、言い違えや、覚え違いがあると調書と違うと偽証を疑われ、検察と弁護との間で尋問の最中に「異議あり」と怖い顔で指摘するなどやりあう様子は傍聴席で聞いていても気分が悪くなる。


被害者は、二次被害どころではなく無数に繰り返し傷つけられている。



閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「子どもから好かれていた」監護者わいせつ

監護者わいせつ、児童買春・ポルノ防止事件 14歳女児に対して、ホテルに宿泊し午後8時ころから翌日の朝まで、その乳首や陰部を手で触り、自身の陰部を押し付けるなどして、その様子を動画などに撮影し記録した。 被告人は、被害女子が3歳くらいのころからその母親と知り合い、5歳くらいのときから同居するようになった。小学校3年くらいのころからじゃれあう中で性的な欲求から一線を越えて体を触るようになった。犯罪で

「いかのおすしがあった」と6歳女児が被害を話せて事件に

同種前科5犯で、直近で実刑2回の被告は、今年になって出所後まもなく、日中、一人でマンションに帰宅した6歳女児のあとをつけて、オートロックの自動ドアについて入り、エレベーターのエントランスでスカートをまくり上げ、下着の中に手を差し入れ、陰部を触り、 下着を脱がせて、スマホで写真をとるなどの強制わいせつ、児童ポルノにかかわる犯罪を行った。別途、児童買春の追起訴がある模様。 被害後、女児はいつもの通り

またも、妻子(3歳女児)持ちパパがパパ活児童(14歳)を買春。同種前科多数で、執行猶予期間保護観察中に依存症クリニック自助グループにも通いながら再犯。

児童買春。 懲役1年6か月執行猶予4年の判決で、3年目の犯行。買春できないように妻が金銭管理して、スマホもチェックするということになっていたが、依存症クリニックに通って安定していたため、妻も気が緩んでしまい、金銭管理とスマホのチェックがおざなりになっていたところ、ツイッターでパパ活女子を見つけて連絡をとり、性交を2回して5万円の約束をしてホテルで行為して出たところ警察官に職質されて明るみになった。

bottom of page