top of page

抱きつき胸・陰部を触る。被害者の気持ちは考えられなかった。

強制わいせつ、強制性交等罪未遂。

自宅で酒を飲み、ムラムラしてきたので深夜路上をうろついて好みの女性を物色し、「エッチしよう」と声をかけるも、「ムリ!」と断られたが、力ずくで近くの駐車場まで連れ込んで、抱き着いて胸をもみ、ロングスカートの中に手を入れて下着の上から陰部を触ったりした。抱きつきながら「エッチしよう」と小声で繰り返すが、女性は力を振り絞って暴れて、すきを見て逃げた。同様の犯行を2日おきに3回行う。


被告人には同種前科が2犯あり実刑の経験もある。前科についても同様に飲酒して行った犯行で、本人は飲酒するとムラムラしてくきて犯行に及んでしまうとのこと、彼女はいるがセックスはいやがってさせてもらえないため、犯行に及ぶという。


母親が情状証人だが、来る途中で心臓発作を起こしたとのことでに出廷できなくなった。


裁判では、被告人が被害者がどのような思いをするか考えなかったのかという質問に対して、一貫して「考えていない」と答弁。珍しく検察官も弁護士も裁判官もその点について時間をかけて被告人と質疑を繰り返した。


検察官「彼女がいるのに、なぜ彼女には無理にしようとしないのか」

被告人「彼女が嫌な気持ちになるだろうから」

検察官「なぜ見ず知らずの女性には無理にしようとしてよいと思うのか」

被告人「・・・」(応答なし)

検察官「あなたが無理やりズボンを下ろされたらどうおもいますか」

被告人「いやな気持になります」

検察官「なぜいやな気持になるのですか」

被告人「・・・」(応答なし)


累犯の裁判でこのように被告人の意識を時間をかけて突き詰めるのは珍しい。審判の最後に検察官から追加の証拠が提出され、被告人は知的障害であることが判明した。

知的障害であるがための犯行と片付けてしまうのは性犯罪の根本原因をともすればそうした障害にもとめることになり、ひいては障害者への偏見にもつながりかねない。


性犯罪はもっと社会的な原因から起きていると思う。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

強制性交等未遂。 被告人は身長185cmで体重もありそうな体格。若い外国人留学生で、童顔であり、供述内容を聞いていても精神的に未熟なところが垣間見れる。 LINEで知り合い、被害者が自宅に招くなど付き合いがあったが、寝ている間にわいせつなことをされたため、別れ話をしてLINEをブロックしていた。 被告人は、別のアカウントを使って被害者に接見を強要。その際、寝ている間にわいせつな行為をしたときに撮影

児童買春、児童ポルノに係る行為等。 インスタグラムで自称16歳の女子が1万5千円で性交させてくれる旨のメッセージをみつけ、ホテルに誘って犯行を行ったもの。 被告人は、2年前にも同じことで捕まって、50万円の罰金処分となっている。 今後は、妻が行動を日々管理するため毎日の外出行動を外出簿につけ、GPSアプリで居場所を把握。定期的にスマホのSNSのやり取りをチェックする。といったことで、管理監督する。

迷惑防止条例違反。 性的がらみで前科2犯、1年前に刑務所を仮釈放されたばかり。 出所後、半年ほどで事件を起こした。事件対象となった盗撮は3日間にわたって行われた、駅構内のエスカレータなどでの犯行。いずれも、スカートの中にスマホを差し入れて、撮影したもので、被害者が特定できていないが起訴されたもの。 被告人は仮出所後、仕事についていたが仕事の外回りの際にその移動の中でたびたび犯行に及んでいた模様。

bottom of page