映画「スタンドアップ」性暴力の根源

この映画では卑猥な言葉や性的な身体接触による様々な性的暴力が描かれている。 冒頭でまず出てくるのが、学校のシーンで男の子が女の子のお尻を後ろからわしづかみにするシーンがある。女の子はびっくりして振り返るが、すぐにボーイフレンドであることがわかると笑顔で応対する。


このシーンを見てどう感じるかということを想像すると、そこには性暴力の根源となるものが垣間見れるように思われる。このシーンをセクハラだととらえて怒る人もいれば、人によっては軽いいたずらだと失笑してみる人もいるどろうし、何も感じずに見過ごす人もいるかもしれない。 しかしながら、このシーンでの男の子がボーイフレンドでなかったら女の子の反応は違うものになるだろうことは容易に想像できる。それが、仲のいい女友達だったら、仲の悪い女友達だったら、話したことのない男の同級生だったら、嫌いな男の子だったら、兄弟だったら、先生だったら、親だったら、まったく見ず知らずの人だったら・・・ 場合によっては、恐怖に凍り付くはずである。 行為そのものは変わらないののだが、その行為者との関係によってその行為の意味が変わってくる。しかしながら、後ろから不意に行うということについては、そもそもがその行為が暴力的であることであることを免れない。 このシーンで、女の子は笑顔で応対するが、それはこの不意打ちの性的ないたずらを受け入れたとみられるが、果たして女の子は性的暴力の不意打ち相手がボーイフレンドであったことでよろこんで受け入れたのか、仕方なく受け入れたのかということも気になってくる。 こうした、些細な(ではない!)ことがらについても性暴力の根源的なものが潜んでいるように思えるのだ。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

人里離れたペンションに住む老人と若い男女三人。若い男女三人は少女を誘拐しては拉致して強姦し、老人のために乱交する。 強姦シーンはほかのピンク映画よりは抵抗の様子が描かれている気もする。 「乱」というタイトルほど狂った印象がなく、強姦や殺人が比較的あっさり描かれていて陰湿さがないが、それでも強姦シーンや性虐待シーンは、これでもかというほど盛り込まれている。 浜野ピンクではあるが、さすがにこれは

浜野監督は、痴漢ものもとっている。この作品は痴漢をした女性からビンタをくらって敢え無く退散した男が別の痴女の女性に焚きつけられて、その女性に復讐するというもの。 復讐は成功するが、逆手に取られて女性のセックス相手にさせられてしまう。 ラストシーンは焚きつけだ痴女と電車で痴漢ごっこで幕。痴漢ものにしては、痴漢のシーンよりベッドシーンの方が多く、痴漢シーンもワンパターンであり、触り方のアプローチも

高齢の女性たちだけが住むアパートが舞台。そのうちの一人が突然死するところから始まる。まだ、なにも展開していないのに吉川和子のアップがなぜか涙を誘う。 そのアパートにたまたま越してきた高齢の男性の正体がエロ爺でアパートの住民を片っ端から口説き落としてものにしてしまう。 口説くというか、口説くというアプローチは2人になってからはほんの数十秒のことで、これは、もう明らかに女性が求めてる。一番若くて69