top of page

求刑懲役10年。たばこ代もらえず、強制性交に及ぶ。被害者の現実を想像できてない。

住居侵入・強制性交等・強盗。

論告弁論


検察側は、

夜遅く、一人住まいの女性宅に押し入られ、いきなり抱きつかれてドアに押し付けられ、何をされるかわからない恐怖を与えられたことは、殴るような暴力や、凶器ではないが被害者の「反抗を抑圧するに足りる程度」に十分であること。


また、被害者が終始被告人に対して、フレンドリーな会話をしたことは被告人に刺激を与えてことさらに暴力などを振るわれないようにするためであり、また、被害者の要求に応じてコンドームをつけようとしたり、部屋に入らなかったりしたことはその程度を軽減することにはならない。


計画性についても、執拗に(防犯カメラに20回以上映る)アパート周辺をうろつき、アパートの住人に成りすまそうとするなど計画を持って、犯行に及んだ。


過去の判例では、暴力や凶器がなく初犯で示談が成立していない事案では、8~10年の刑が最も多いと主張して、被告人に懲役10年を求刑した。


弁護側は、

暴行強迫の程度がなぐったり、凶器を用いたものでないことであり、性的侵害の程度は小さい。


被害弁償の意志がある(被害者は拒否している)。


妻や義母の支援があり、本人も反省しており、再犯はないと断言できる。


強盗の無い強制性交の量刑データベースでは懲役4~5年で執行猶予もあるとして、懲役3年が相当とした。


被告人最終陳述

「被害者には大変申し訳ないことをして傷つけてしまいました。罪を償って、待っている妻や妻の母親と見守っていきたいと思います」


(私の感想)

大抵、反省しているフリでも「被害者の方」とか「被害者様」とか敬う言い方をするものだがこれは何だと思った。しかも、自分がどうしてこのようなことをしてしまったかを突き詰めて被害者の心情を理解したり、再犯に向けての自身の心構えもないではないか。被害者の現実を想像できてない。ただ、刑期を淡々と過ごすだけだったら、何年入っていっても意味がない。

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「子どもから好かれていた」監護者わいせつ

監護者わいせつ、児童買春・ポルノ防止事件 14歳女児に対して、ホテルに宿泊し午後8時ころから翌日の朝まで、その乳首や陰部を手で触り、自身の陰部を押し付けるなどして、その様子を動画などに撮影し記録した。 被告人は、被害女子が3歳くらいのころからその母親と知り合い、5歳くらいのときから同居するようになった。小学校3年くらいのころからじゃれあう中で性的な欲求から一線を越えて体を触るようになった。犯罪で

「いかのおすしがあった」と6歳女児が被害を話せて事件に

同種前科5犯で、直近で実刑2回の被告は、今年になって出所後まもなく、日中、一人でマンションに帰宅した6歳女児のあとをつけて、オートロックの自動ドアについて入り、エレベーターのエントランスでスカートをまくり上げ、下着の中に手を差し入れ、陰部を触り、 下着を脱がせて、スマホで写真をとるなどの強制わいせつ、児童ポルノにかかわる犯罪を行った。別途、児童買春の追起訴がある模様。 被害後、女児はいつもの通り

またも、妻子(3歳女児)持ちパパがパパ活児童(14歳)を買春。同種前科多数で、執行猶予期間保護観察中に依存症クリニック自助グループにも通いながら再犯。

児童買春。 懲役1年6か月執行猶予4年の判決で、3年目の犯行。買春できないように妻が金銭管理して、スマホもチェックするということになっていたが、依存症クリニックに通って安定していたため、妻も気が緩んでしまい、金銭管理とスマホのチェックがおざなりになっていたところ、ツイッターでパパ活女子を見つけて連絡をとり、性交を2回して5万円の約束をしてホテルで行為して出たところ警察官に職質されて明るみになった。

Comentarios


bottom of page