top of page

痴漢再犯「自分でもなぜかわからない」

せんも迷惑防止条例違反。朝の満員電車、被告は被害者の太ももの付け根あたりに手が当たり、そのまま触れていたところ被害者に手を払われ、一旦は距離を置いたが、乗客の乗り降りの際再び被害女性の太ももあたりに触れ、被害女性に手をつかまれて警察に突き出された。 被告は同種の犯罪で数年前に罰金30万円を課せられている。被告人は裁判官から、一度手を払われたのにもう一度触ったら訴えられるかもしれないとは考えなかったのかとの質問に「自分でもなぜかわからないが、そうは考えなかった」という。 典型的な依存症の精神状態であると察する。被告人は前回の事件後、電車に乗る際は混んだ電車は避け、手はスマホを持つなどして下に下げないなどの注意を払うようにしていたという。今回も今後については「混んだ電車に乗らない。」「手は絶対下げない」「専門的な治療を受ける」などと陳述しているが、この方の場合は電車に乗ってはいけないと考える。 妻がいて、家があるものと思われるが再犯を防ぐには会社の近くに引っ越すなどして、電車に乗る理由をつけられないようにすべきだ。いかなる電車を利用する方法も、乗ることが前提の対処は、いつかやるための見せかけのものにすぎない。


被害者は、再三の痴漢被害にあっており、痴漢を指摘して加害者が逆切れして怖い思いをしたこともあったが、今回勇気を出して捕まえたとのこと。なぜ触られなければいけないのかと思い出すと悔しくて涙が出てくるとのこと、怒りで被害者の謝罪には応じていない。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

強制性交等未遂。 被告人は身長185cmで体重もありそうな体格。若い外国人留学生で、童顔であり、供述内容を聞いていても精神的に未熟なところが垣間見れる。 LINEで知り合い、被害者が自宅に招くなど付き合いがあったが、寝ている間にわいせつなことをされたため、別れ話をしてLINEをブロックしていた。 被告人は、別のアカウントを使って被害者に接見を強要。その際、寝ている間にわいせつな行為をしたときに撮影

児童買春、児童ポルノに係る行為等。 インスタグラムで自称16歳の女子が1万5千円で性交させてくれる旨のメッセージをみつけ、ホテルに誘って犯行を行ったもの。 被告人は、2年前にも同じことで捕まって、50万円の罰金処分となっている。 今後は、妻が行動を日々管理するため毎日の外出行動を外出簿につけ、GPSアプリで居場所を把握。定期的にスマホのSNSのやり取りをチェックする。といったことで、管理監督する。

迷惑防止条例違反。 性的がらみで前科2犯、1年前に刑務所を仮釈放されたばかり。 出所後、半年ほどで事件を起こした。事件対象となった盗撮は3日間にわたって行われた、駅構内のエスカレータなどでの犯行。いずれも、スカートの中にスマホを差し入れて、撮影したもので、被害者が特定できていないが起訴されたもの。 被告人は仮出所後、仕事についていたが仕事の外回りの際にその移動の中でたびたび犯行に及んでいた模様。

bottom of page