top of page

盗撮がとまらない

迷惑防止条例違反。盗撮。同種罰金前科2犯(前回50万円、数年前)。 1年ほど前に盗撮向きの特殊カメラ付きスマホを購入。半年ほど前から盗撮を再開していた。人の集まるイベントにいってその道すがら盗撮しやすい短いスカートの被害者をみつけて、後をつけてドラッグストアの店内などで盗撮をし、それを見ていた人が通報して職質され、逮捕される。 事件当時、ほかの女性も盗撮を試みていた。反省文、示談成立(10万円)、クリニックの診断書(窃視症)。今回二度とやらないつもりで、盗撮用のスマホは手放したが、会社用のスマホは業務に支障が出るので所持しているがカメラは使える状態。 被告の弁。前回2回の罰金時も反省していたが時間とともにその気持ちが薄れていった。今回も、いつしか盗撮したいと思うようになった。法律上罰金が100万円までということを知り、次に捕まっても懲役にはならないかもという気持ちもあった。今回の事件で、さすがに自分の力ではどうにもならないと考えて、クリニックや会社にも相談している。 クリニックでの治療は始まっているが、カウンセリングのみ。医師からは、盗撮のきっかけを避けることと、健康な生活をすることを目標にするように言われたとのこと。盗撮以外の趣味で性欲を発散する方法を考えていきたいとのこと。 裁判官に、スマホのカメラレンズを壊して再犯しないようにしている人もいますよ。という言葉に参考にしますとの回答。自分の力ではどうにもならないと理解しつつも、まだまだ盗撮をしたい欲求が自分の中にあり、絶対にしないという対策に障害があることを理解していない模様。 他の累犯犯罪にも通じると思うが。「やめられない」体になっていることを自覚しないと再犯は防げない。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「子どもから好かれていた」監護者わいせつ

監護者わいせつ、児童買春・ポルノ防止事件 14歳女児に対して、ホテルに宿泊し午後8時ころから翌日の朝まで、その乳首や陰部を手で触り、自身の陰部を押し付けるなどして、その様子を動画などに撮影し記録した。 被告人は、被害女子が3歳くらいのころからその母親と知り合い、5歳くらいのときから同居するようになった。小学校3年くらいのころからじゃれあう中で性的な欲求から一線を越えて体を触るようになった。犯罪で

「いかのおすしがあった」と6歳女児が被害を話せて事件に

同種前科5犯で、直近で実刑2回の被告は、今年になって出所後まもなく、日中、一人でマンションに帰宅した6歳女児のあとをつけて、オートロックの自動ドアについて入り、エレベーターのエントランスでスカートをまくり上げ、下着の中に手を差し入れ、陰部を触り、 下着を脱がせて、スマホで写真をとるなどの強制わいせつ、児童ポルノにかかわる犯罪を行った。別途、児童買春の追起訴がある模様。 被害後、女児はいつもの通り

またも、妻子(3歳女児)持ちパパがパパ活児童(14歳)を買春。同種前科多数で、執行猶予期間保護観察中に依存症クリニック自助グループにも通いながら再犯。

児童買春。 懲役1年6か月執行猶予4年の判決で、3年目の犯行。買春できないように妻が金銭管理して、スマホもチェックするということになっていたが、依存症クリニックに通って安定していたため、妻も気が緩んでしまい、金銭管理とスマホのチェックがおざなりになっていたところ、ツイッターでパパ活女子を見つけて連絡をとり、性交を2回して5万円の約束をしてホテルで行為して出たところ警察官に職質されて明るみになった。

Comments


bottom of page