top of page

自宅で一人で出産した赤ちゃんを公園のトイレに遺棄

保護責任者遺棄罪。

生活保護で子供4人を子育て中の母親が5人目を妊娠したが、役所に知られると保護を打ち切られると誤認して、公的機関に相談できず。身内にもほかの誰にも相談できずに思い余って、公園のトイレに遺棄。遺棄して立ち去ったが、10分ほどして赤ちゃんが心配になり警察に電話して事件となった様子。


保護も継続されることがわかり、今後は役者や身内と協力して育てていくことになった。求刑は1年6か月だが執行猶予が付くだろう。


子どもが万引きで警察沙汰になったりして、子育てに悩んでいたらしい。人間のつながりがあればどうにでもなったと思われるため、このお母さんには本当の人間関係を作れるようにサポートする必要があると思う。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

強制性交等未遂。 被告人は身長185cmで体重もありそうな体格。若い外国人留学生で、童顔であり、供述内容を聞いていても精神的に未熟なところが垣間見れる。 LINEで知り合い、被害者が自宅に招くなど付き合いがあったが、寝ている間にわいせつなことをされたため、別れ話をしてLINEをブロックしていた。 被告人は、別のアカウントを使って被害者に接見を強要。その際、寝ている間にわいせつな行為をしたときに撮影

児童買春、児童ポルノに係る行為等。 インスタグラムで自称16歳の女子が1万5千円で性交させてくれる旨のメッセージをみつけ、ホテルに誘って犯行を行ったもの。 被告人は、2年前にも同じことで捕まって、50万円の罰金処分となっている。 今後は、妻が行動を日々管理するため毎日の外出行動を外出簿につけ、GPSアプリで居場所を把握。定期的にスマホのSNSのやり取りをチェックする。といったことで、管理監督する。

迷惑防止条例違反。 性的がらみで前科2犯、1年前に刑務所を仮釈放されたばかり。 出所後、半年ほどで事件を起こした。事件対象となった盗撮は3日間にわたって行われた、駅構内のエスカレータなどでの犯行。いずれも、スカートの中にスマホを差し入れて、撮影したもので、被害者が特定できていないが起訴されたもの。 被告人は仮出所後、仕事についていたが仕事の外回りの際にその移動の中でたびたび犯行に及んでいた模様。

bottom of page