top of page

被害で立ち直れない私の一生をどうしてくれますか?

強制わいせつ、脅迫。

度の厚い眼鏡をつけ、スウェット姿で手錠腰縄で入ってくる。30歳くらいだろうか。

受験まじかだった少女に電車の中でわいせつ行為。

スカートの上から臀部に手で触れたところ、拒否反応がないのでスカートをめくり、下着の上から臀部を触り、さらに下着の中に指を差し入れて、陰部を触り、下着を下ろして陰部に指を入れた。降車後、逃げる被害者を追いかけ、撮った写真を拡散してもいいのかと虚偽の脅迫を行った。


父が意見陳述(要約)。

「娘が事件にあったことを聞いた日は怒りで我を失っていた。娘は、背中に障害があり、長年コルセットを着用していたがやっと学校の時だけ外せるようになった矢先の出来事だった。異常で邪悪で身勝手であり、大胆不敵に逃げ惑う娘を追いかけて脅迫するとは、一時の気の迷いではない。口先だけの謝罪の言葉に何の意味があるのか。娘は学校にも行けなくなり、事件を思い出すことで勉強にも手がつかず、娘の姿に親の私も泣いて暮らす日々であり、失ったものは甚大。長期に刑務所に入れてほしい。」


被害者の意見書(要約)。

「半年たったいまでも、生々しく思い出され、恐ろしかった記憶は夢でないのかと思いたいほど苦しんでいます。謝罪の言葉を聞いても気分が悪くなるばかりです。事件以後、電車にも乗れず、学校に行けず、大人の人を見ると恐怖がよみがえり、何度も思い出し、勉強も手につかない。あらゆることに過敏に反応してしまい、苦痛であり、この状態は人が想像しても理解できるとは思えないほどのものです。

 今後、何十年にも渡って、この事件のことは誰にも話すことができないし、考えたくもない。なんで自分なのかと人をねたむこともあり、なんでこんなにも立ち直れないのかと絶望的になります。なぜ私なのか、私の一生をどうしてくれるのか。私は絶対許しません。すべて被告人の責任です。刑務所に入って出てこないでほしい。」


求刑。2年6か月。前科はなく、執行猶予が付くものと思われる。

被告人の最後の陳述では、さすがにしばらく声も出せないほどだったが、言葉にする権限もないと前置きして「被害者様、ご家族様に申し訳ない」と細々と震える声で述べた。


被害者感情を踏まえると、罰としては軽すぎると思われるが、法で人を裁くということはそういうものでしかない。必要なのは被告人自身がこの事件の罪の重さをキチンととらえて、自分が起こしたことの責任が取れるようになることが求められ、そのためには一人で刑務所に入って過ごすことや、保護観察でプログラムを受けることだけでは不十分であり、自分自身をしっかりと見つめなおせる人間関係が必要だ。こうした事件は一刻も早く、起こさないようにするためにはどうしたらよいのかしっかり考えないといけない。


また、改めて私自身の犯してきた罪の大きさを思い知らされる機会でもあり、私自身ももういちど改めて自身が行ってきたことをしっかりと認識しなければならないと胸が痛んだ。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

強制性交等未遂。 被告人は身長185cmで体重もありそうな体格。若い外国人留学生で、童顔であり、供述内容を聞いていても精神的に未熟なところが垣間見れる。 LINEで知り合い、被害者が自宅に招くなど付き合いがあったが、寝ている間にわいせつなことをされたため、別れ話をしてLINEをブロックしていた。 被告人は、別のアカウントを使って被害者に接見を強要。その際、寝ている間にわいせつな行為をしたときに撮影

児童買春、児童ポルノに係る行為等。 インスタグラムで自称16歳の女子が1万5千円で性交させてくれる旨のメッセージをみつけ、ホテルに誘って犯行を行ったもの。 被告人は、2年前にも同じことで捕まって、50万円の罰金処分となっている。 今後は、妻が行動を日々管理するため毎日の外出行動を外出簿につけ、GPSアプリで居場所を把握。定期的にスマホのSNSのやり取りをチェックする。といったことで、管理監督する。

迷惑防止条例違反。 性的がらみで前科2犯、1年前に刑務所を仮釈放されたばかり。 出所後、半年ほどで事件を起こした。事件対象となった盗撮は3日間にわたって行われた、駅構内のエスカレータなどでの犯行。いずれも、スカートの中にスマホを差し入れて、撮影したもので、被害者が特定できていないが起訴されたもの。 被告人は仮出所後、仕事についていたが仕事の外回りの際にその移動の中でたびたび犯行に及んでいた模様。

bottom of page