top of page

エレベータ内でいきなりオナニーみせる。

迷惑防止条例違反。

「一万円でどうですか」

被告人は、自らの陰茎をジーパンのジッパーを開けて出して、自分の手でしごきながら、被害者に向けてこう言った。


被害者は驚いて、非常階段を下りて逃げたが、被告人が追ってくるのがわかったので通報した。


地方から上京して前日に友人と飲み会をし、事件当日は、メイド喫茶にいってビールを3~4リットル飲んでいた。


被告人は被害者を電車内で見つけ、制服着て好みだと思い、後をつけ、降車して駅を出て、マンションのエレベータに乗り合わせて、犯行に及んだ。


被告人は、妻子のある若い男性。強制わいせつなどの同様前科があり、懲役1年6か月保護観察付執行猶予3年の判決の執行猶予後に、公然わいせつで懲役4か月の前歴がある。


【性犯罪更生プログラムを受けていた】

被告人は前々刑で執行猶予となった際に保護観察所において「性犯罪者更生プログラム」を受講していたが、本人にとっては身にならなかったという。執行猶予後に公然わいせつで実刑となり4か月で服役した際に友人から勧められて精神科のクリニックを受信してみたが、自分の意志の問題だと2回で中断している。


被告人は今回のことで自分は病気であり、治療が必要で、再犯を防ぐにためには一人ではできず。人の助けが必要だということが分かったと述べている。


【性犯罪は病気なのか】

被告人は、原因は何かの質問に対して、「病気」であることを理由に述べている。原因が意志の問題ではなく、自分の中の何かにあり、それは変化させないとどうにもならないということでは病識をもつのは悪くはない。しかし、病識のために治療をお願いし、治してもらうという姿勢に立つのであれば、絶対に治ることはない。なぜならば、この病気は自分の生き方の問題であるのであって人の力や薬で治るものではないからだ。


【再犯を防ぐための判決は出るのか】

求刑は10か月。実刑は免れないと思われるが、実刑だとするとその刑期の中でのプログラム受講しかないので、出所後は保証されない。本人は、今回で心を入れ替えたといっているが、回復へのつながりを本人が新たに構築するのは簡単ではない。

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「子どもから好かれていた」監護者わいせつ

監護者わいせつ、児童買春・ポルノ防止事件 14歳女児に対して、ホテルに宿泊し午後8時ころから翌日の朝まで、その乳首や陰部を手で触り、自身の陰部を押し付けるなどして、その様子を動画などに撮影し記録した。 被告人は、被害女子が3歳くらいのころからその母親と知り合い、5歳くらいのときから同居するようになった。小学校3年くらいのころからじゃれあう中で性的な欲求から一線を越えて体を触るようになった。犯罪で

「いかのおすしがあった」と6歳女児が被害を話せて事件に

同種前科5犯で、直近で実刑2回の被告は、今年になって出所後まもなく、日中、一人でマンションに帰宅した6歳女児のあとをつけて、オートロックの自動ドアについて入り、エレベーターのエントランスでスカートをまくり上げ、下着の中に手を差し入れ、陰部を触り、 下着を脱がせて、スマホで写真をとるなどの強制わいせつ、児童ポルノにかかわる犯罪を行った。別途、児童買春の追起訴がある模様。 被害後、女児はいつもの通り

またも、妻子(3歳女児)持ちパパがパパ活児童(14歳)を買春。同種前科多数で、執行猶予期間保護観察中に依存症クリニック自助グループにも通いながら再犯。

児童買春。 懲役1年6か月執行猶予4年の判決で、3年目の犯行。買春できないように妻が金銭管理して、スマホもチェックするということになっていたが、依存症クリニックに通って安定していたため、妻も気が緩んでしまい、金銭管理とスマホのチェックがおざなりになっていたところ、ツイッターでパパ活女子を見つけて連絡をとり、性交を2回して5万円の約束をしてホテルで行為して出たところ警察官に職質されて明るみになった。

Comments


bottom of page