top of page

睡眠薬飲ませて性交、薬の抗不安作用で逃げなかった可能性

準強制性交。

現在、起訴状に上る被害者が7人(2年前大きく報道されていた事件。報道によれば被告人の携帯には40人もの犯行時の動画があったという事件)。


今日は、医療専門家による証人尋問。

睡眠薬には、その種類によって、筋弛緩作用、抗不安作用、の有無があり効き方も即効性のものと遅効性のものがあるという。


被害者は、薬の抗不安薬作用によって、通常であれば逃げなければならないような危険を感じる状況でも、根げないでいられる精神状態になっていたことも考えられるということだった。


意識があるから大丈夫と考えるのは誤りのようである。といって、薬を盛られないようにするのというのはどうしたらできるのだろうかとも思う。


動画には40人もの犯行が残っていたというが、残っていないものもあったとすれば多くの被害者が泣き寝入りか、あるいは気が付かないでいる可能性もある。


意識があってもなくても被害者は傷つくが、記憶がない間に犯行があったという場合は、何をどこまでされたのかということがわからないという不安が被害意識を無限に煽る可能性もあることを考えると、被害の大きさは想像に難くない。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

強制性交等未遂。 被告人は身長185cmで体重もありそうな体格。若い外国人留学生で、童顔であり、供述内容を聞いていても精神的に未熟なところが垣間見れる。 LINEで知り合い、被害者が自宅に招くなど付き合いがあったが、寝ている間にわいせつなことをされたため、別れ話をしてLINEをブロックしていた。 被告人は、別のアカウントを使って被害者に接見を強要。その際、寝ている間にわいせつな行為をしたときに撮影

児童買春、児童ポルノに係る行為等。 インスタグラムで自称16歳の女子が1万5千円で性交させてくれる旨のメッセージをみつけ、ホテルに誘って犯行を行ったもの。 被告人は、2年前にも同じことで捕まって、50万円の罰金処分となっている。 今後は、妻が行動を日々管理するため毎日の外出行動を外出簿につけ、GPSアプリで居場所を把握。定期的にスマホのSNSのやり取りをチェックする。といったことで、管理監督する。

迷惑防止条例違反。 性的がらみで前科2犯、1年前に刑務所を仮釈放されたばかり。 出所後、半年ほどで事件を起こした。事件対象となった盗撮は3日間にわたって行われた、駅構内のエスカレータなどでの犯行。いずれも、スカートの中にスマホを差し入れて、撮影したもので、被害者が特定できていないが起訴されたもの。 被告人は仮出所後、仕事についていたが仕事の外回りの際にその移動の中でたびたび犯行に及んでいた模様。

bottom of page