top of page

養護施設の16歳少女をナンパして性交

青少年育成条例違反。

被告人は駅で人を待っていた少女に「一目ぼれした」などといって声をかけ、近隣の公園の公衆トイレにおいて同女に対して性交をした事案。少女からコンドームをつけるように言われてしぶしぶ了解して性交に及んだ、性交途中で被告人は最後まで行くことができず行為は終わった。


少女は16歳であることを被告人に告げているというが、被告人は聞いていないという。しかしながら、罪は認めて40万円の示談の交渉が行われているが、被害者家族が接触を恐れて成立には至っていない。


今回、途中からの傍聴で事件の経緯や被害者の意見がわからず性交に至るまでの合意形成など心理的な動きが全く分からないが、声をかけられた見知らぬ男性について行って、公衆トイレで性交するというのは合意があったとすると、性交をすること、公衆トイレでそれを行うこと、いずれについてもあまりにも被害者も被告人も軽はずみで、リスクのある行為だと思われる。


被告人は在日外国人の様子で、中国語に聞こえる通訳が入っていたが、被告人は青少年育成条例を知らなかったという。


青少年育成条例にしても、性行同意年齢にしてもそうした法律は学校教育でもごく一時的に授業として行われることはあっても、このような在日外国人のように日本での教育をもしかしたら受けていない人にとっては、本当に知らないのかもしれない。もっといえば、日本で生まれて日本で教育を受けたからと言って、果たしてどれだけキチンとこうした法令を学ぶ機会があるのかは疑問だ。


こうした法令は学校教育ではもちろん、日常生活でも広く周知され、理解される必要があると思う。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

強制性交等未遂。 被告人は身長185cmで体重もありそうな体格。若い外国人留学生で、童顔であり、供述内容を聞いていても精神的に未熟なところが垣間見れる。 LINEで知り合い、被害者が自宅に招くなど付き合いがあったが、寝ている間にわいせつなことをされたため、別れ話をしてLINEをブロックしていた。 被告人は、別のアカウントを使って被害者に接見を強要。その際、寝ている間にわいせつな行為をしたときに撮影

児童買春、児童ポルノに係る行為等。 インスタグラムで自称16歳の女子が1万5千円で性交させてくれる旨のメッセージをみつけ、ホテルに誘って犯行を行ったもの。 被告人は、2年前にも同じことで捕まって、50万円の罰金処分となっている。 今後は、妻が行動を日々管理するため毎日の外出行動を外出簿につけ、GPSアプリで居場所を把握。定期的にスマホのSNSのやり取りをチェックする。といったことで、管理監督する。

迷惑防止条例違反。 性的がらみで前科2犯、1年前に刑務所を仮釈放されたばかり。 出所後、半年ほどで事件を起こした。事件対象となった盗撮は3日間にわたって行われた、駅構内のエスカレータなどでの犯行。いずれも、スカートの中にスマホを差し入れて、撮影したもので、被害者が特定できていないが起訴されたもの。 被告人は仮出所後、仕事についていたが仕事の外回りの際にその移動の中でたびたび犯行に及んでいた模様。

bottom of page